2018年10月一覧

赤ちゃんがストローを使えるようになるのはいつ?使えないのは問題があるの?

赤ちゃんがストローを使えるようになる月齢は個人差が大きく、6ヶ月頃にいきなりマスターする子もいれば1歳近くまで哺乳瓶が好きな子もいます。哺乳瓶に執着心が出るのではと心配する声もありますが、哺乳瓶を使い続けて執着心が出てくるのは1歳半頃なので、0歳児ならまだ当分大丈夫です。 

赤ちゃんが寝ない!生活リズムを作るための秘策5選

赤ちゃんの生活リズムは3-4ヶ月頃から作っていくのが一般的です。具体的な方法は、①朝日を浴びせて起こす、②お散歩や沐浴等の時間を固定する、③寝る時間を逆算して行動する、④寝かせるためには疲れさせる、⑤授乳もいずれは離乳食(3回食)を見据えて時間を決める。毎日の日課を全て生活パターンに組み込んで考えます。

【必見】今日からなれる美人ママ!気をつけるべき3つのポイント

美人ママってどんな人でしょうか。年齢を重ねるにつれて重要度が高まってくるのは、肌、髪、姿勢と表情 です。日常生活においてこれらを意識するだけで、簡単に「ちょっときれいなママ」になれちゃいます。昔は子どもを産んだ30代女性と言えばおばさん扱いでしたが、今はきれいな方が大勢います。

きれいなママってどんなママ?ココさえ押さえれば美人になれる!

きれいなママの条件って何でしょう。若くて美人でスタイルがいいというのは当たり前すぎるので除外して、他にも条件があります。それは、肌、髪、姿勢と表情がきれいという点です。10代の頃と比べると、外見の評価基準が素材重視からその他の要素にだんだん移ってきます。ほんのちょっと気をつけるだけで、周りと大差をつけられます。 

育児ママ必見!手荒れ、ガサガサ、ゴツゴツを改善する方法

育児ママの皆さん、手荒れが気になりませんか?特に子どもが小さいうちは手を洗う頻度が高いので、あっという間にガサガサになってしまいます。綺麗な手をキープするための方法を、予防と対策に分けてまとめました。予防①水仕事をする時は極力ゴム手袋②指を鳴らさない。対策①クリームをこまめに塗る②角質ケア③メンソレータム+白手袋一晩

赤ちゃんがまさかの便秘!すぐに役立つ便秘解消法をご紹介

赤ちゃんの主な秘解消法をご紹介します。①お腹マッサージ、②バナナヨーグルトを食べさせる(離乳食中期以降)、③運動させる、④綿棒浣腸(最終手段)です。私の息子の場合は、バナナヨーグルトを食べるようになった7ヶ月頃から毎日1-2回出るようになりました。綿棒浣腸は効果的ですが、綿棒なしで出せなくなるという話も聞きます。

赤ちゃんが便秘になる6つの原因!予防策まで詳しく解説

赤ちゃんは2-3日便通がなくても便秘ではない場合があります。食欲があって機嫌がよく、柔らかいウンチが普通に出てくる場合はその子の排泄ペースです。機嫌が悪く、固いウンチを出すのを痛がって泣くようなら便秘と言えそうです。便秘の主な原因は、低月齢の場合は水分不足が考えられます。離乳食が始まっている子は水分不足の他、食物繊維の

哺乳瓶の消毒はいつまで?レンジでもできるって本当?消毒方法まとめ

哺乳瓶の消毒の方法は、①煮沸、②ミルトン等の薬液を使用する、③レンジで消毒する、この3つです。どの方法もそれなりに手間やお金がかかります。完母でない限り哺乳瓶の消毒は一定期間は必要になってきますが、一体いつまでやればいいのか、金銭的負担や手間の面でどの方法がベストなのかを解説します。

離乳食が面倒、作りたくない・・・そんな時は市販のベビーフードで乗り切ろう!

大切なのは「赤ちゃんに手作りのものを食べさせること」ではなく「ママが愛情を持って赤ちゃんと向き合うこと」です。離乳食作りに追い詰められて疲れ果ててしまっては本末転倒です。栄養面や添加物についても、ベビーフードは日本離乳食協議会の安全基準に基づいて作られています。

新生児用肌着は何着必要?使ったもの、使わなかったものを一挙公開

赤ちゃんの肌着は10着あれば安心です。朝晩着替えるだけなら5着もあれば着回せますが、ミルクを吐いたりウンチが漏れたりで1日3-4回着替えることがあります。赤ちゃんの肌着は短肌着、長肌着、コンビ肌着の3種類があります。私が1番よく使ったのはコンビ肌着です。股下にスナップボタンがついているのでめくれず安心です。