赤ちゃんがアトピーかも!乳児湿疹との違いは?これって治る?

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「赤ちゃんのアトピー」です。

息子は生後2ヶ月半の時にアトピーの可能性ありと診断され、弱いステロイド剤を塗って症状を抑えています。

現在1歳過ぎですが、ケアをしていれば見た目にはほぼアトピーとは分かりません。

乳児湿疹とアトピーの違い、アトピーと診断されるまでの状態、診断されてからのケアについてお伝えします。

乳児湿疹とアトピーの違い

乳児湿疹

乳児湿疹とは、生後6ヶ月頃までにできる湿疹の総称です。

主に顔に赤い湿疹ができます。

清潔にして保湿ケアを行うことでだんだんと治っていきます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、もともとアレルギー因子があって起こるものを言います。

顔だけではなく全身に症状が出て、左右対称に湿疹ができることが特徴です。

湿疹が引いてきたかなと思うと再発し、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

アレルギーと言うと食物アレルギーが浮かびますが、それだけではありません。

アレルギー体質の人は遺伝的に皮膚のバリア機能が弱く、バリアの隙間から異物(ダニ、ほこり、細菌、食物のカス等)が入ってくることで発症することが多いそうです。

乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分け方

月例が低いうちは、病院でも正確に見分けるのは難しいそうです。

ただ、乳児湿疹のケア(清潔・保湿)を続けていても2ヶ月以上症状が改善せず、さらに首から下にも湿疹が広がってきたらアトピー性皮膚炎の可能性が高いです。

湿疹が治らなければ小児科を受診して、専門家に見てもらいましょう。

息子(1歳1ヶ月)のアトピー暦

湿疹と乾燥と膿(生後3週~2ヶ月頃)

生後3週頃から、顔にぽつぽつと湿疹ができたり、その周辺がカサカサと乾燥したりしていました。

病院で聞いてみると、「このくらいは大丈夫。保湿してあげて」と、ヒルドイドローション(保湿剤)が処方されました。

さっそく塗ると、一瞬良くなったのですがすぐに再発し、だんだんひどくなって行きました。

湿疹だけではなく、かさついて粉をふいていました。

眉の辺りからは膿のようなものも出て、「脂漏性湿疹なのかな?」とも思っていました。

ロコイド(弱いステロイド剤)の処方(生後2ヶ月)

2ヶ月検診の頃には湿疹が体幹部にも出ていました。

ヒルドイドローションを出してくれた前述の病院は小児専門医ではなかったので、今度は別の小児科に行きました。

その時はアトピーとは言われず、ロコイド(弱いステロイド剤)を塗ってみて様子を見るようにとのことでした。

弱いと言ってもステロイド剤なので、湿疹が消えたらすぐ塗布をやめるようにとも言われました。

その晩薄く塗ると、翌朝は症状がかなり改善していました。

指示通り朝晩つけると、2日ほどですっかり綺麗になりました。

でも、塗るのをやめるとすぐまた再発しました。

2週間ほどして再度その病院に行き、薬を塗れば治るがやめるとすぐ再発すると伝えたところ、

「これは普通の乳児湿疹じゃなさそうだね、アトピーかもしれないね」と診断が下りました。

前回は「湿疹が消えたらすぐ塗布をやめて」と言われたロコイドを、今回は「ある程度しっかり塗って炎症を抑えましょう」と処方されました。

その時、ステロイドだからと怖がって少ししか塗らないと効果が出なくて意味がないとの注意がありました。

私は薬に対する知識がなく、ステロイド剤は怖いというぼんやりしたイメージを持っていました。

だから、湿疹が消えたらすぐ使用中止と言われたロコイドを毎日塗って大丈夫なのか、不安がありました。

今でもあります。

ネットで検索すると、ステロイド剤の副作用の事例がたくさん出てきて怖くなります。

しかし、塗り薬として赤ちゃんに処方される程度のものは大丈夫という先生の言葉通り、毎日塗り続けても今のところ副作用は出ていません。

おそらく、「強い薬なので使わないに越したことはないが、アトピー性皮膚炎なら、ステロイド剤の弊害よりもアトピーを放置した時のダメージの方が大きいということなのだと思います。

ロコイドを使用している現在の様子

ロコイドを使い始めて10ヶ月が経過しました。

よく見ればざらついている箇所があったり、たまに赤い湿疹が出てきたりはしますが、ほぼ目立ちません。

2-3歳頃にはよくなる子が多いと聞き、それを励みに頑張っています。

赤ちゃんのアトピー まとめ

赤ちゃんのアトピーは、痒そうだし痛々しいしで見ていて辛いですよね。

色々な考え方があると思いますが、私は現在の王道であろう「弱いステロイド剤で症状を抑えながら、体が強くなって自然に治まるのを待つ」という方法を選びました。

ポイント①

乳児湿疹:生後6ヶ月頃まで。赤い湿疹やかさつきが主に顔から上に出る。清潔と保湿で治る。

アトピー:乳児湿疹のケアで治らない。全身に左右対称に出る。良くなったり悪くなったりを繰り返す。

ポイント②

ステロイド剤は、処方された分はしっかり塗らないと意味がない

赤ちゃんの塗り薬として処方されるものは、副作用の心配はしなくても大丈夫そう

余談ですが、病院で「ロコイドを塗っていれば症状はほぼ出ないが、なかなか完治しない」と言ったら、先生からその考え方は違うとたしなめられました。

これは体質だから、薬で治すというものではないとのこと。

確かにアトピー性皮膚炎は、怪我や風邪のように外部から来る単発の症状ではなく、本人の体質です。

だから塗り薬でぱっと治るものではなく、治るとすれば根本的な体質が変わる時

赤ちゃんのアトピーは、大きくなるにつれて体力がつき皮膚のバリア機能も強くなっていくので、それと同時に治っていくことが多いそうです。

ロコイドで症状を抑えているのはあくまでも対症療法です。

太りやすい体質や疲れやすい体質を薬で変えることはできないのと同じなのかなという印象です。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ