ベビーラックって必要?ベビーベッドとの違いは?買うべきかどうか。

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「ベビーラック(スイングラック)」です。

ベビーラックとは、赤ちゃんの簡易ベッドのようなもので、ゆりかごのように揺らせるようになっています。

「使い方がよく分からない」

「ベビーベッドがあるからいらない気もする」

という声もありますが、ベビーラック、便利ですよ!

私が買ってよかった育児用品ベスト3に入ります。

ちなみに他の2つはベビーサークルベビーゲートです。

今回は、ベビーラックとはどういうものか、どこが便利かについてお伝えします。

購入を迷っている方の参考になれば幸いです。

関連記事:ベビーサークルはとっても便利!使い道と感想をお伝えします。

関連記事:ベビーゲートの利点はこんなにたくさん!買ってよかった理由。

ベビーラックの特徴・ベビーベッドとの違い

ベビーベッドより小さく、タイヤがついているので移動が簡単

大きさの目安は、縦横が約90cm×60cmで、重さは8-14kg程度です。

脚にタイヤがついているので、簡単に移動できます。

タイヤにはロック機能もあるので、動かしたくない場合は固定しておくこともできます。

揺らす機能は手動と電動がある

手動はゆりかごのように大人が手で揺らしてあげます。

電動は全て自動なので、忙しいママの手が空くところが嬉しいですね。

ただし、後述しますが電動タイプは高額です。

背もたれを水平から直角近くまで調整できる

背もたれの角度を調整できます。

寝かせたい時は水平に、椅子として利用したい時は好きな角度に固定できるので、幅広い使い道が期待できます。

金額はピンキリ、2万円から8万円超まで

メーカーにもよりますが、スイング機能が手動か電動かで金額が変わって来ます。

手動のシンプルなものは2万円を切ることもありますが、多機能な電動タイプは8万円くらいします。

ちなみに我が家は手動タイプでした。

手動でも軽く押すだけなので不便はありませんが、電動だとベビーラックにお任せしてママが休めるのでとても助かると思います。

我が家のベビーラックの写真

我が家のベビーラックをご紹介します。

部屋に置くとこんな感じですよという参考程度の写真です。

1枚目は、水平にした状態です。

クッションカバーは取り外して洗えるようになっています。

テーブル部分も取り外せます。

最も背もたれを起こした状態です。

写真には写っていませんが、肩と腰周りにベルトがあります。

活発になってきた赤ちゃんもしっかり固定できるようになっています。

3ヶ月の赤ちゃんが寝るとこんな感じです。

クッション部分は、取り外せるとはいえ毎日洗うのは大変なので、私はバスタオルを敷いて使っていました。

ベビーラックの利点

新生児期~4歳頃まで使える

ベビーラックは産まれてすぐから使えます。

ただ、製品に「1日4時間程度の使用に留めること」と注意書きがあるので、寝かせっぱなしというわけには行きません。

体重制限は18kg程度までなので、平均的な体格なら4歳頃まで使用できます。

※スイング機能は8kgまで

赤ちゃんがすぐ寝る

ベビーラックの揺れは赤ちゃんが心地よく感じるように計算して作られています。

息子はベビーラックに寝かせて揺らすと5分足らずで寝ていました。

布団で寝かせる時と比べるとその差は歴然でした。

床から高い所に寝かせられるので安心

上のお子さんや室内ペットがいるお家では、赤ちゃんをベビー布団に寝かせるのは危ない場合もあります。

しかしベビーラックなら、ある程度の高さがあるので踏まれる心配はありません。

また、掃除機をかける時にもベビー布団だとほこりが気になりますが、ベビーラックなら大丈夫です。

離乳食用のチェアとしても使える

背もたれを起こせば椅子になります。

体重制限でスイング機能が使えなくなる頃(8kg)ちょうど離乳食が始まるので、「数ヶ月間しか使えなかった」ということにはなりません。

まとめ:ベビーラックがあるとママは大助かり

ベビーラックは、なくても大丈夫だけどあればとても便利です。

育児用品は「使う期間が短いから買うのはもったいない」と思ってしまうものがたくさんありますよね。

値段も安くないですし。

でも、ベビーラックはオススメですよ!

あれば毎日必ず使うし、赤ちゃんのうちだけではなく4歳頃まで使用可能です。

ベビーラックの4つの利点

使える期間が長い(新生児~4歳頃まで)

赤ちゃんがすぐ寝る

高さがあるので上の子やペットがいても安心

離乳食用の椅子としても使える

購入を迷っている方には強くオススメします。

また、「買うのはもったいない気がする」という場合、レンタルするという方法もあります。

赤ちゃんの毎日のお世話はとても大変です。

赤ちゃんによっては、ママは夜も眠れず食事も取れず育児に明け暮れることもあるでしょう。

そんな時、赤ちゃんがすぐに寝るベビーラックはママの強い味方です。

どなたかの参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする