妊娠中の便秘はホルモンのせい?便秘がスッキリ解消する2つの方法。

こんにちは、みや(@miya_second)です。

今回のテーマは「便秘の原因と解消法」です。

女性はもともと男性に比べて便秘体質の方が多いと言われています(男性はどちらかというと下痢)。

妊娠するとさらに便秘になりやすくなってしまうので、悩んでいる妊婦さんは大勢います。

普段はどちらかというと快便な私も、明らかに便秘気味になりました。

なぜ妊娠すると便秘になりやすくなるのか?

解消するにはどうしたらいいのか?

今回は、妊娠中の便秘解消についてお伝えします。

関連記事:妊娠中の体重増加は何kgまで?増えすぎがダメな理由も徹底解説!

関連記事:妊娠中の体重管理!無理せず+8kgで抑える方法

妊娠中はホルモンの働きにより便秘になりやすくなる

妊娠中に便秘になる原因は、ホルモンの働き による部分が大きいです。

妊娠中は、黄体ホルモン(成分はプロゲステロン)が活発になります。

この黄体ホルモンが、便秘を引き起こしているのです。

黄体ホルモンの働き

① 体温を上げ、子宮内膜を厚く保つ

② 大腸の蠕動(ぜんどう)運動を抑制する

③ 体に水分を溜め込む

この3つの働きのうち、②と③が便秘に悪影響を及ぼしています。

1つずつ見ていきましょう。

大腸の蠕動(ぜんどう)運動が抑制される = 便が腸内に留まってしまう

蠕動(ぜんどう)とは、筋肉が収縮する動きのことです。

腸内に溜まった便は、この蠕動運動により出口へと押し出されていきます。

ところが妊娠中は黄体ホルモンの働きにより蠕動運動が抑制されるので、普段よりも便が腸内に留まりやすくなります。

体に水分を溜め込む = 便の水分も吸収されてしまう

黄体ホルモンは、妊娠継続のために体に栄養や水分を蓄えようとします。

蓄える場所は血管やリンパ管周辺といった体全体に張り巡らされている組織です。

その働きにより、大腸の中身の水分も吸収され、便が硬くなり出にくくなります。

硬い便が、蠕動(ぜんどう)運動の抑制された腸内でどんどん溜まっていくことで、便秘になります。

妊娠中の体調そのものが便秘を引き起こすことも

妊娠中は、通常時とは体調が全く違う上に、行動面でも多くの制限があります。

つわりで特定のものしか食べられなかったり、激しい運動はできなかったりして、それが便秘の原因の1つになります。

しかし、これらは努力でどうにかできるものではありません。

そのため、多くの妊婦さんが、前項のホルモンの影響もあり便秘に悩まされています。

便秘の原因となるもの

・つわりによる食生活の変化

・いきむのが怖い

・運動不足

・鉄剤を服用している

つわりによる食生活の変化 = 食事のバランスが崩れ、便通に影響

つわり中は特定のものしか受け付けなくなったり、酷いと水すら吐いてしまったりする場合があります。

お通じをよくするためにはバランスのよい食事が必要不可欠ですが、つわりの時期はそれどころではない方も少なくありません。

「○○しか食べられない」「××以外は吐いてしまう」といった症状により、便秘を引き起こしてしまう可能性があります。

いきむのが怖い = 排便に必要な力を出せない

お腹に赤ちゃんがいると思うと、なかなか妊娠前のようにはいきめませんよね。

「普通にいきむくらいなら問題ない」と言われても、怖いものは怖いです。

あと一歩のところで躊躇してしまい、それが積み重なって便秘になってしまう・・・私はそうでした。

運動不足になりやすい = 便秘体質になる

運動不足だと、腹筋が衰えて腸の動きが鈍くなり、便秘になりやすくなります。

しかし、妊婦さんは無理せずゆっくり過ごすことが大切ですし、便秘解消のために妊娠前と同じ運動をするということも不可能です。

運動不足が便秘の大敵であることは事実ですが、気軽に動けないのが妊娠中の辛いところですね。

貧血対策の鉄剤が便秘の原因になる

妊娠中は貧血になりやすいので、貧血対策で鉄剤を処方される場合があります。

この鉄剤は、副作用として便秘が起こりやすいことが知られています。

辛い便秘を確実に解消する方法2つ

こうして見ると、妊婦さんの便秘は起こるべくして起きているということがお分かりいただけると思います。

ホルモンの働きは妊娠継続のために必須ですし、つわりや運動不足による便秘も妊婦さんのせいではありません。

辛い便秘を解消するための対策を2つお伝えします。

方法1:病院で薬を処方してもらう

ひどい便秘に悩まされている場合は、まずかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

市販の薬を自己判断で服用するよりも、安全で確実な薬を処方してくれます。

産婦人科で処方してくれる便秘薬は、多くの場合 酸化マグネシウム です。

酸化マグネシウムには水分を集める働きがあります。

飲むとやがて便に混じって大腸に届き、腸壁から水分を奪って便を柔らかくするので、硬くて出なかったものが楽に出せるようになります。

方法2:食べ物で便秘解消!

つわりや食事制限のない妊婦さん限定ですが、やはり食べ物は効果的です。

私も妊娠中に便秘になりましたが、特に効果があったのは下記の3つです。

・・・基本です。水分不足は便秘の原因になります。

牛乳・・・朝起きてすぐ牛乳を飲むと、腸が刺激されて動きが活発になります。

バナナ・・・便秘の強い味方。妊婦の私も、離乳食期の子供も助けられました。

こまめに水分を取り、朝は牛乳をまず一杯、朝食には必ずバナナをつけました。

便秘が気になりだして牛乳&バナナを始めてからは便秘知らずです。

快調でした。

他に便秘によいとされる食べ物は以下の通りです。

水溶性食物繊維・・・葉物野菜、果菜、果物、海草など

不溶性食物繊維・・・ごぼう、かぼちゃ、いも、きのこなど

発酵食品・・・ヨーグルト、チーズ、納豆、味噌など

まとめ:妊娠中の便秘の原因と対策

とにかく妊婦さんは便秘になりやすいものです。

妊娠中に便秘しやすい理由

・ホルモンの働きによるもの

・つわりや運動不足など、体調から来るもの

・貧血対策の鉄剤が便秘を引き起こす

妊娠中の便秘対策

・産婦人科で薬を処方してもらう

・便秘によいとされる食品を意識的にとる

妊娠前ならいくらでも改善できることでも、お腹に赤ちゃんがいてはなかなか実行できないことが多いので、妊娠中の便秘は悪化しやすいです。

便秘気味だなと思ったら、遠慮なくかかりつけの先生に相談しましょう。

お手軽に試せる方法として、牛乳&バナナは本当におすすめ です。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする