赤ちゃんが便秘になる6つの原因!予防策まで詳しく解説

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「赤ちゃんが便秘になる理由」です。

産院では授乳のたびにウンチが出ていたのに、気づけば2-3日に1回しか出なくなってしまう赤ちゃんは意外と多いものです。

私の息子も離乳食が始まるまで便秘がちで、3日間くらいは平気で溜め込んでいました。

本人はけろっとしていましたが、親は心配でたまらないですよね。

今回の記事では、どのくらい出なければ便秘なのか、どうして便秘になるのかをお伝えします。

便秘かどうかの判断

便秘とは、長期間便が出ない状態です。

しかしその期間には個人差があり、一概に「2日間なら大丈夫」とか「3日出なければ危険」と判断することはできません。

赤ちゃんの場合、たとえ2-3日出ていなかったとしても

食欲がある

機嫌よく過ごしている

ウンチが柔らかい

出すときに痛そうにしない

これらに当てはまっていれば、便秘ではなく個人の体質、その子の排泄ペースと考えていいようです。

私の息子は生後5ヶ月頃まで3-4日に1回のペースでしたが、小児科に相談したところ便秘ではないと言われました。

上記4点に全て当てはまっていたからです。

病院の先生の話では「腸のウンチを溜めておく部分の容量が大きい」ということでした。

ただ、「丸4日出なければ病院に来てください」とも言われました。

体質とは言え、そこまで溜めてしまうのはよくないそうです。

赤ちゃんが便秘になる理由

なぜ赤ちゃんは便秘になってしまうのでしょうか?

離乳食開始前と開始後で原因が変わってくるので、それぞれ詳しくお伝えします。

新生児~生後5-6ヶ月頃

まだ母乳かミルクだけ、ほとんど動かない時期の赤ちゃんです。

便秘になってしまう原因は大きく2つに分けられます。

母乳、ミルク不足(水分不足)

母乳やミルクを飲む量が少ないと、必然的に水分不足になり腸内の便も固くなります。

ミルクの場合はどのくらい飲んだか分かりやすいですが、母乳は難しいですよね。

母乳が足りているかのチェック方法は、

体重が1日平均20-30g程度増えているか

おしっこがきちんと出ているか

授乳したばかりなのにまたすぐ欲しがって泣くことはないか

このあたりです。

もし「足りてないかも・・・」と思うことがあれば、一時的にミルクを足してみてもいいかもしれません。

生まれつきの障害

生まれつき腸や肛門に障害があり、それが便秘の原因となっていることがあります。

その場合、血便が出たりミルクを飲むたび吐いてしまったりと便秘以外の症状が出てくることも多いです。

おかしいなと思ったら、病院の診察を受けましょう。

生後5-6ヶ月以降

この頃から離乳食が開始され、赤ちゃんもよく動くようになります。

ネンネの時期とは違う理由で便秘になってしまうこともあります。

水分不足

離乳食が始まり、今まで液体だけで栄養を摂っていた赤ちゃんも、徐々に固形物を食べるようになります。

離乳食の量を見ながら母乳・ミルクを減らしていきますが、水分の摂取量がその分減るので、お茶や白湯などで適宜水分を補ってあげましょう。

腸内環境が変わる

産まれたばかりの赤ちゃんの腸内にいるのは善玉菌ばかりです。

離乳食が始まってミルク以外のものを摂るようになると、徐々に悪玉菌も増えてきます。

増えてきた悪玉菌の影響により、便秘気味になる場合があります。

離乳食(特に食物繊維)が足りていない

食物繊維は、植物性の食べ物に多く含まれ、栄養が吸収された後もカスとして大腸に送られます。

そして便の元になります。

便意は、大腸にある程度の便が溜まったときに発生するので、食物繊維が足りないと、便意を感じる量になるまでに時間がかかります。

便は大腸内に長くとどまればとどまるほど水分が減って固くなるので、食物繊維が足りないと結果的に便秘になりやすくなります。

食物繊維を多く含む食べ物は、穀類(米や小麦)、いも、野菜、果物、キノコ、海藻、大豆製品です。

中でもさつまいも、ごぼう、ほうれん草、ブロッコリー、人参などは、便の元になる不溶性食物繊維を多く含みます。

関連記事:つらい便秘!妊娠中の便秘の原因とスッキリ出る解消法2つ

運動不足

赤ちゃんは腹筋が弱いので、お腹の力だけで便を出すのは苦手です。

ハイハイ、たっち、あんよなどで動くことにより胃腸に刺激が伝わり、排便を促しています。

あまり動かない子は、胃腸への刺激が少なくて便秘気味になりがちです。

まだ動けない低月齢の赤ちゃんは、マッサージや足を持っての運動などをしてあげるとよさそうです。

関連記事:赤ちゃんがまさかの便秘!すぐに役立つ便秘解消法をご紹介

まとめ:赤ちゃんが便秘になる理由

まず必要なのは、そもそも便秘なのかどうかの判断です。

数日出ない=便秘、と赤ちゃんの場合は一概に言えません。

赤ちゃんの便秘のサイン

食欲がない

機嫌が悪い

ミルクを吐き戻す

ウンチをする時痛そうに泣く、出てきたものが固い

これらに当てはまれば便秘です。

逆に、3日間出ていなくても、食欲があってご機嫌で柔らかいウンチが普通に出てくるのなら便秘ではありません。

そして、便秘になってしまう主な原因はこちらです。

低月齢

母乳、ミルク(=水分)不足

生まれつき内臓等に障害がある

生後5-6ヶ月以降

水分不足

離乳食開始による腸内環境の変化

食物繊維の不足

運動不足

体質も関係しているので改善が難しい場合もありますが、特に離乳食開始後は予防策を取りやすくなります。

赤ちゃんが毎日スッキリ機嫌よく過ごしてくれたら嬉しいし安心できますよね。

息子は低月齢の頃ウンチが3-4日に1回で、様子からして便秘ではないと分かっていたのに私は心配で泣いていました。

母親というものは心労が絶えませんね。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする