美容、健康一覧

家事と育児でダイエット!お金をかけずに簡単ラクラク痩せられる♪

皆さん、家事と育児にはダイエットにぴったりの動きがたくさんあるってご存知でしたか?毎日何気なくこなしているアレもコレも、ちょっと意識するだけでジム並のダイエットメニューに早変わりしちゃいます。家も片付いて子どももご機嫌、ついでにスリムになれちゃう一石二鳥のダイエットをご紹介します。

【産後ダイエット】ラクして痩せる!絶対失敗しない意外な方法とは?

過激な食事制限やきつい運動をすることなく、記録する(ことにより食生活の改善を意識する)だけで痩せられるレコーディングダイエット。摂取カロリーを大幅に減らすダイエットは、一時的に体重を落とすことは出来てもその食生活は継続できないので必ずリバウンドします。 

さわやかな色気が欲しい!ほんのり香る色っぽさの作り方

最近はきれいなママが多いですが、頭ひとつ飛び出るために必要なのが色気です。色気と言っても、あからさまな露出とか分かりやすい仕草とか、そういうものではありません。きちんと節度を保ちつつ、ふとした時に漏れる色っぽさです。積極的にアピールするのではなく、まずセクシー要素を内包した女性になり、それを隠しつつチラ見せするイメージです。

妊娠線を予防したい!いつからお手入れすればいい?効果的な方法は?

妊娠線ができるメカニズムを知って、効果的に予防しましょう。妊娠線は、胎児の成長によるお腹のふくらみや皮下脂肪の増加に皮膚がついて行けず、皮下組織が裂けることでできます。妊娠線ができやすい人は①年齢が高い②経産婦③多胎妊婦④皮下脂肪が多い。できにくい人は①若い②初産③皮膚が柔らかく伸びやすい。

【必見】今日からなれる美人ママ!気をつけるべき3つのポイント

美人ママってどんな人でしょうか。年齢を重ねるにつれて重要度が高まってくるのは、肌、髪、姿勢と表情 です。日常生活においてこれらを意識するだけで、簡単に「ちょっときれいなママ」になれちゃいます。昔は子どもを産んだ30代女性と言えばおばさん扱いでしたが、今はきれいな方が大勢います。

きれいなママってどんなママ?ココさえ押さえれば美人になれる!

きれいなママの条件って何でしょう。若くて美人でスタイルがいいというのは当たり前すぎるので除外して、他にも条件があります。それは、肌、髪、姿勢と表情がきれいという点です。10代の頃と比べると、外見の評価基準が素材重視からその他の要素にだんだん移ってきます。ほんのちょっと気をつけるだけで、周りと大差をつけられます。 

育児ママ必見!手荒れ、ガサガサ、ゴツゴツを改善する方法

育児ママの皆さん、手荒れが気になりませんか?特に子どもが小さいうちは手を洗う頻度が高いので、あっという間にガサガサになってしまいます。綺麗な手をキープするための方法を、予防と対策に分けてまとめました。予防①水仕事をする時は極力ゴム手袋②指を鳴らさない。対策①クリームをこまめに塗る②角質ケア③メンソレータム+白手袋一晩

太りたくない・・・妊娠中のダイエットがダメな理由3つ

妊娠中の栄養状態は、お腹の赤ちゃんはもちろんママの身体の一生にも影響します。妊娠中の過度のダイエットがダメな理由は?①赤ちゃんはママの身体から栄養をもらっているので、その分の栄養をとらないとママの肌も髪も骨も歯もボロボロになってしまう。②低出生体重児になる可能性がある。③将来の生活習慣病リスクが上がると言われている。

妊娠中の体重増加は何kgまで?増えすぎがダメな理由も徹底解説!

個人差がありますが、妊娠中に増えてもいい体重の目安は8-10kg程度です。体重が急激に増えすぎると、難産や妊娠中毒症になりやすくなります。妊娠中毒症は赤ちゃんに栄養が行き届かず発育不全になったり、早期胎盤剥離が起きたりと、大きなリスクにつながる場合もあります。