育児一覧

【離乳食】何をしても食べてくれない・・・困った時の3つの解決策

離乳食をぱくぱく食べるかどうかは個人差による部分が大きいですが、あまりにも食べないと心配ですよね。解決策をお伝えします。①ミルクを混ぜて、味を香りをつける②調理法を工夫する(柔らかくする、かぼちゃの茹で汁等甘みのあるもので伸ばす、とろみをつける等)③「食事は楽しいもの!」とインプットする。

【離乳食後期~完了期】時短テクで3回食を乗り切る!おいしい裏技4選

安くて簡単で愛情たっぷりな離乳食テクニックをお伝えします。毎日のことだから、手間はかけずに栄養満点愛情たっぷりな離乳食を食べさせてあげたいですよね。①野菜・肉・魚は下拵えして冷凍②献立をある程度パターン化する③大人の食事からの取り分け④主食、主菜、副菜を分けずに一皿ドン!とどんぶり系。 

【離乳食中期】2回食開始!忙しくても楽々作れる時短テクをご紹介

2回食が始まりましたね。食べる量もだんだん増えてきて、作るのも大変になってきます。簡単手間いらずな時短テクニックをご紹介します。①大量生産&フリージング。一度に下拵えして冷凍しておけば便利です。②出汁パックと炊飯器で野菜を加熱。いろんな野菜の旨みが出て、赤ちゃんも喜んで食べます。

【離乳食前期】ゴックン期の離乳食!楽々作れる時短テク3選

離乳食前期の時短テクニック3つ。①大量生産してフリージング。ご家庭での冷凍保存期間の目安は10日です。②ミキサー(ブレンダー)があると便利。おかゆをすり潰すのにすり鉢で10分かかりますが、ミキサーなら5秒です。③離乳食の野菜の茹で汁を取っておく。甘みがあるので裏ごし野菜に混ぜると食べやすくなります。

【3Dフィギュア】渋谷ロフトにて作成!価格、再現度、撮影の流れをご紹介【画像あり】

3Dフィギュアとは、被写体を全方向から撮影し、それをPCで立体データにして3Dプリンターで成形し着色したものです。「赤ちゃん 3Dフィギュア」等のワードで検索するといくつか会社が出てきます。金額は数万~数十万円です。高いですが、可愛い赤ちゃん時代をどうしても形に残しておきたくて作りました。大満足です。 

胎毛筆を作りました!髪の長さ、費用、納期など一挙公開【画像あり】

胎毛筆とは、産まれてから一度もハサミを入れていない髪の毛で作る記念筆です。赤ちゃん時代の思い出に、光文堂で作ってもらいました。筆のサイズによって異なりますが、必要な髪の長さは5-6cm、量は束ねて1cm前後あれば作れます。胎毛筆の会社と提携している美容院があれば、ヘアカットから納品まで全て代行してくれます。

【赤ちゃんのままでいて】子どもの成長をさみしく思ってしまう時の4つの対処法

「赤ちゃんのままでいてほしい」と願っても、赤ちゃんはどんどん大きくなります。そこで、赤ちゃん時代の思い出をたくさん残すという方向でさみしさを軽減させる方法をご紹介します。①写真・動画をたくさん撮る②撮ったデータを親族で共有する③胎毛筆を作る④3Dフィギュアを作る

赤ちゃんがアトピーかも!乳児湿疹との違いは?これって治る?

乳児湿疹は主に顔から上に湿疹が出て、清潔と保湿で自然に治ります。アトピーは全身に湿疹が出て、乳児湿疹のケアで治らないものを言います。息子は2ヶ月の時にアトピーと診断され、ロコイド(弱いステロイド剤)を処方されました。1歳の今ではアトピーとは分からないくらいきれいになりました。