【産後ダイエット】ラクして痩せる!絶対失敗しない意外な方法とは?

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「産後ダイエット」です。

妊娠中の体重管理がうまく行った方もそうでない方も、体調が一段落したらそろそろ体型が気になってきませんか?

出産という大仕事を終えたのですから体型にも変化があって当然ですよね。

でも、こんなふうに思うこともあるのではないでしょうか。

「妊娠中にけっこう太っちゃった!復職までに何としても戻したい」

「元通りとは行かなくても、もうちょっとお腹辺りを引き締めたいな」

今回の記事では、苦しい思いをせずにラクして確実に体重を落とす方法をお伝えします。

結論から言いますと、その方法とはレコーディングダイエットです。

関連記事:妊娠中の体重増加は何kgまで?増えすぎがダメな理由も徹底解説!

関連記事:妊娠線を予防したい!いつからお手入れすればいい?効果的な方法は?

レコーディングダイエットとは何か

レコーディングダイエットとは、体重と食べたものを日々記録していくダイエットです。

レコーディングダイエット自体には、食事制限や運動メニューはありません。

糖質オフダイエットやハードな運動に比べると、とても簡単で続けやすいのが特徴です。

記録媒体はノートなどでもOKですが、アプリもたくさん出ています。

アプリだと自動でグラフを作ってくれたりカロリー計算をしてくれたりして便利ですよ。

私は超簡単レコダイエットというアプリを使っています。

食生活を記録するだけで本当に効果があるの?

あります。

人間の心理として、記録に残ると思うときちんとしなきゃという意識が働きます。

記録を続けていると、ほんの一口のチョコや飴でも積み重なるとかなりのカロリーになることがすぐに分かります。

そうすると不思議なもので、誰に見せるわけでもないダイエット記録でも、体裁を整えたいような気持ちになって、自然と間食が減ってきます。

ここで重要なのは、ちょこちょこ摘まむ間食のカロリーを実感するために、ごまかさず逐一記録するということです。

これをしないと意味がありません。

レコーディングダイエットを成功させるためのコツ

このダイエットを成功させるための秘訣は2つあります。

①食べたものは正直に全て記録する

②目標値を決めておく

この2つです。

チョコ一粒、ジュース一口でも必ず記録しましょう。

「ちょっとくらい・・・」とごまかすと、記録されないということで心理的な抑制がきかなくなります。

また、総カロリーを見て「次の食事は少し控えめにしよう」と調整できるのがこのダイエット法の長所ですが、記録をしないとその分のカロリーはなかったことになるので、調整しなきゃという焦りもなくなってしまいます。

全て記録しないとこのダイエットは意味がありません。

そして、目標値を設定しましょう。

体重○kg、体脂肪○%という感じです。

私が使っているアプリには目標体重の設定があります。

それを入力しておくと、体重を記録するたびに「目標体重まであと○kg!」というコメントが出てきます。

体重グラフにも目標値が出てくるので、「あとこのくらい」と一目で分かりやる気が出ますよ。

ついでに記録しておくと便利なこと

どのアプリにも、メモ欄的なものがあると思います。

そこに記録しておくと便利なのがお通じの内容です。

私は、①何時に ②どのくらい出たか を記録しています。

自分で見て分かる程度のメモ書きなので、「7少」「16快」とか、そんな感じです。

私は意識して出すようにしないとすぐ便秘になってしまうので、これを見て「2日前から出てない」とか、食事記録を遡って「食物繊維が足りてなかった」とか分析材料にしています。

便秘=太るというわけではないので直接ダイエットとは関係ありませんが、体調管理の一環として便利なので続けています。

食生活の見直し

せっかくダイエットに取り組むからには、ついでに食生活の見直しもしてしまいましょう。

レコーディングダイエットは確かに「記録するだけ」ではありますが、当然のことながら記録することによって痩せるわけではありません。

記録することにより自覚を促すというダイエットなので、根本は食生活の改善です。

とは言っても、冒頭にも書きましたが過激な食事制限は必要ありません。

記録するのを躊躇するような食事や間食を避けるだけで、大きな効果が得られます。

1日3食を基本にバランスよく食べる

勤務体系や赤ちゃんの夜泣き対応などで規則正しい生活が難しい場合もありますが、可能であれば朝・昼・晩と決まった時間に食べましょう。

3食とも栄養バランスが取れているのが理想ではありますが、なかなかそうはいかないこともあります。

その時は、1日トータルで栄養素のバランスが取れていればOKです。

例えば朝昼は忙しくてどうしても炭水化物に偏ってしまうという場合、夜にたんぱく質、ビタミン、食物繊維、カルシウムなどを意識して多く摂りましょう。

なお、摂取カロリーの目安は1800-2200kcl程度です。

年齢や運動量によって変わってきますので、興味のある方は調べてみてくださいね。

間食はなるべくしない

食べたものを記録していくと分かりますが、摂取カロリー目安の2000kclは多いようで意外と少ないです。

3食のうち外食が1回入れば、それだけで確実に1000kclは超えてしまうでしょう。

ダイエットを意識したあっさりめの食事なら3食お腹いっぱい食べても大丈夫ですが、そればかりでは寂しいし色々お付き合いもあって難しいですよね。

となると、摂取できるカロリーの中にお菓子が入る余地はほとんどありません。

食事をしっかり取っていると、食べられても100-200kcl程度です。

お菓子を食べるために食事を抜くなどということをしては健康を損ねてしまうため本末転倒です。

間食なしの生活を習慣化してしまうのが一番ラクかもしれません。

関連記事:妊娠中の体重管理!無理せず+8kgで抑える方法

関連記事:太りたくない・・・妊娠中のダイエットがダメな理由3つ

まとめ:確実に痩せる産後ダイエットの方法

過激な食事制限やきつい運動をすることなく、記録する(ことにより食生活の改善を意識する)だけで痩せられるレコーディングダイエット。

摂取カロリーを大幅に減らすダイエットは、一時的に体重を落とすことは出来てもその食生活は継続できないので必ずリバウンドします。

それだけではなく、栄養不足に陥るので体調も悪くなってしまいます。

大人は体調管理も仕事のうちです。

可愛い赤ちゃんのため、いつも元気でいられるように無理なダイエットはせず、辛くない方法でスリムボディを手に入れましょう。

レコーディングダイエットのコツ

食べたものは全て必ず記録する

目標値を決めておく

食生活の改善を意識する

お読みいただきありがとうございました!

関連記事:家事と育児でダイエット!お金をかけずに簡単ラクラク痩せられる♪

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする