ミルク育児にはメリットも多い。母性神話に悩まされる必要はありません。

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「ミルク育児」です。

近年は母乳育児が推奨されていますね。

産院によっては、母乳がなかなか出なくてもミルクは与えず母乳指導を続けるところもあるようです。

このような状況で、本人も母乳を希望していて問題なく出る方はいいのですが、そうではない場合、精神的に追い詰められてしまうことがあります。

「母乳育児をしたいのに出ない」

「混合にしたい、むしろミルクメインでもいいのにそれを言ったら責められた」

このように、内容は人それぞれですがうまく行かずに悩んでいる方は大勢います。

また、世間には新米ママにお説教をしたい人が割といたりするんですね。

「もっと頑張ってあげなきゃ子どもが可哀相」

「ミルクで楽をしたいだなんて母親失格!」

と、意地の悪いことを言う人もいます。

悪意がなくても、道行くお婆さんなどは挨拶代わりに「可愛いわね、母乳?」などと聞いてきたりします。

私は母乳メインの混合を希望していましたが、産まれてみたら母乳がほとんど出ず、産後3ヶ月頃から完ミになりました。

離乳食が始まるまでは、ミルク育児をしていることにコンプレックスのような気持ちもありましたが、子どもが1歳を過ぎた今では全く気になりません。

今回の記事では、ミルク育児のメリットデメリット罪悪感を持つ必要はないことなどについてお伝えしていきます。

ミルク育児がダメと言われやすい理由

母乳が一番という意見は根強いです。

確かに最も自然な形ではあるので一番には違いないかもしれませんが、現代人は生物としての自然から程遠い生活をしています。

それなのになぜミルク育児は責められがちなのでしょうか。

答えは、育児は母性神話や精神論で語られる部分が大きいからです。

ミルク育児は楽に見える

実際楽な面はあります。

後述しますが、腹持ちがいいのでよく寝てくれてママもしっかり睡眠が取れたり、頻回授乳がいらないのでその分休めたりと、ママの体力面でのメリットが多いです。

私は完ミでしたが、そういう面では確かにだったと思います。

しかし世の中には、母親には苦労していてほしいという人がいるんですね。

ここで言う母親とは、自分の血縁上の母親ではなくて、子どもを持つ女性という意味での母親です。

そしてそういう人は少なくないです。

少なくない人が、楽そうなミルク育児を選ぶ母親を叱りたくて、ミルク育児を悪者扱いする場面が多々見られます。

我が身を削って子どもを愛する母親という理想

時々母性愛に過剰な夢を見ている人がいます。

そういう人は、我が身を削って子どもを愛することを幸せとするのが母親だと思い込んでいます。

それは夢見がちな男性だったり、この考えを押し付けられて苦労してきた年配女性だったり色々です。

育児にそういう側面があることは否定しませんが、夫を含め他人が当事者であるママに理想を押し付けるのは間違っています。

しかし現状ではそういう理想を持つ人がそれなりにいて、ミルク育児は我が身を削って子どもを愛しているようには見えないので気に入らなくて、反対の声が上がるのです。

ミルク育児のメリット

ではここで、ミルク育児のメリットについてお伝えします。

全て私の実体験です。

飲んだ量が分かりやすい

「3時間おきに○cc」というあげ方なので、残してしまったとしても哺乳量がきっちり分かります。

最終的には体重を見て飲ませる量を判断するので母乳でも同じですが、「このくらい飲んだ」というのが分かると気持ちの面で楽です。

腹持ちがいいのでぐっすり寝てくれる

母乳は消化がいいため、胃袋が小さい低月齢の頃は頻回授乳が必要です。

しかしミルクは腹持ちがいいので、飲んだばかりなのにすぐお腹がすいて泣くということがありません。

夜間も同じなので、母乳の赤ちゃんに比べるとミルク育児の子は夜間覚醒の回数が少なく、ママが睡眠をしっかり取れます。

息子の場合、もともとよく寝るタイプということもあったのでしょうが、初めての母子同室の日から夜は4時間寝ていました。

家族に預けてママが外出できる

ミルクなら母乳と違って誰でも飲ませられます。

ママは家族に赤ちゃんを任せて美容院に行ったり一人で買い物に行ったり、気分転換をはかれます。

きょうだいがいる場合は誰があげるかでケンカになるくらい、ミルクをあげる仕事は人気です。

飲酒と服薬ができる

私はこれが地味にありがたかったです。

3ヶ月までは出ないながらも授乳していたため、禁酒していました。

風邪を引いたりはしなかったので服薬はガマンしたわけではないのですが、飲食が自由になるというのは開放感があります。

胸が垂れにくい

大きな声では言えませんが、母乳が出なかった私がマッサージなどを行わなかった理由がこれです。

妊娠中に胸が大きくなっていた場合は完ミでも多少垂れてしまう可能性はありますが、母乳をあげ続けた場合とは比較になりません。

関連記事:産後に胸が垂れなかった経験談!胸をキープするための4つのポイント

関連記事:産後に胸が垂れる3つの理由!できれば阻止したい・・・予防はできる?

ミルク育児のデメリット

こちらも実体験です。

お金がかかる

ミルクは高いです。

一番飲んでいた時で、月に1万円くらいかかっていたと思います。

夜間は特に、調乳と後片付けが面倒

どんなに眠くてもお湯と粉を量ってミルクを作り、飲ませ終わったら洗って消毒します。

私の場合、作るのはまだよかったのですが消毒が心底面倒でした。

関連記事:哺乳瓶の消毒はいつまで?レンジでもできるって本当?消毒方法まとめ

外出時の荷物が多い

外出時は常にお湯を入れた水筒哺乳瓶粉ミルクゴミ袋を持ち歩くことになります。

母乳の場合は授乳ケープ1枚なので、それに比べると大荷物です。

ほぼ完ミで育てた息子の現在(1歳3ヶ月)

10ヶ月頃までミルク、それからはフォロミを飲んでいる息子は元気に育っています。

健康(1回胃腸炎になった)

よく寝てよく食べてご機嫌

立つ、歩くなどの運動発達は平均より1-2ヶ月遅い

上記の3点は、ミルクだからこうなったわけではなく、息子のもともとの特性だと思います。

母乳だったとしても、頻回授乳が必要になっただろうこと以外はきっと同じだったと思います。

ですから、ミルク育児がしたいのに反対されていて罪悪感を持ってしまっている方、母乳がいいのに出なくてミルクになりそうな方、ミルクでも全く問題なく元気に育っているのでご安心ください。

まとめ:ミルク育児に劣等感も罪悪感も不要です

ミルクを選ぼうとしているママが罪悪感を持ってしまうのは、「母親なら苦労してでも母乳で育てるべき」という無言の圧力があるからです。

面と向かっては誰からも言われなくても、気にする必要はないと言われても、今まさに授乳期のママはどうしても影響を受けてしまうこともあるでしょう。

しかし、一年経てば分かりますが、母乳で育ったかミルクで育ったかは本当に関係ありません。

ミルク育児のメリット
飲んだ量が分かる
腹持ちがいいのでぐっすり寝る
ママが赤ちゃんから離れられる
飲酒・服薬ができる
胸が垂れにくい

ミルク育児のデメリット
お金がかかる
調乳と後片付けが面倒
外出時の荷物が多い

「ミルクで育って問題ない子は母乳だったらもっと素晴らしい子に育っていたかも」と言えなくはありませんが、それは逆にしても同じことが言えますし、離乳食や外遊びや幼稚園/保育園など、環境の選択は無数にあるのでキリがありません。

ですので、母乳かミルクかで迷っていたり、出なくて悩んでいたりする方は、何も気にせずママがしたい方法、楽な方法を選んでください。

応援しています。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする