育てやすい赤ちゃんだった息子のその後。~1歳4ヶ月編~

こんにちは!ママブロガーの みや です。

今回のテーマは「育てやすい赤ちゃんのその後」です。

私の息子はいわゆる 育てやすい赤ちゃん でした。

新生児のうちからよく眠りよく飲み、いつも機嫌よく過ごしていました。

もうすぐ1歳4ヶ月になりますが、結論から言ってしまうと 今も育てやすいまま です。

こんなあなたに読んでほしい

育てやすい赤ちゃんはいつまでそのままなのか

どこかでガラッと変わったらどうしよう

育てやすい子は発達障害があるかもと聞いた

関連記事:育てやすい赤ちゃんだった息子のその後。~1歳9ヶ月編~

育てやすい赤ちゃん(低月齢)とは

低月齢の赤ちゃんを育てていて大変な点は、以下の3つに集約されます。

● 寝ない

● 抱いていないと泣く

● 少食ゆえの頻回授乳、ミルク拒否、吐くなど授乳関連

逆に言うと、この3点がなければ一般的には 手のかからない赤ちゃん と言えるでしょう。

そこで気になるのは、「この育てやすい、手のかからない状態はいつまで続くのか」という点です。

よく聞くのは、「動き出したら、夜泣きが始まったら、離乳食が始まったら、歩き出したら大変!」というものです。

少し先ですが、「赤ちゃんの時は大人しかったのに、イヤイヤ期が壮絶だった」という話も聞きます。

どこかで転換期が来るのでしょうか?

できたらこのまま手がかからない子として育ってほしいというのが本音ではありませんか?

私はそうです。

育てやすい赤ちゃんだった息子の現在の様子

ここで、1歳4ヶ月を迎える息子の現在の様子をお伝えします。

結論から言うと、冒頭に書いた通り 今のところ育てやすいまま です。

項目 新生児~6ヶ月頃 1歳3ヶ月
睡眠 生後2ヶ月から夜通し寝る 夜通し寝る
夜泣き 生後直後は3時間おきに泣いてミルク なし
授乳(食事) 完ミ、残さず飲む 離乳食は好き嫌いなくよく食べる
抱っこ、後追い 「置くと泣く」はなかった 後追いそこそこあり、抱っこは好き
機嫌 大体ご機嫌、夕方のみ× 大体ご機嫌
人見知り なし 8ヶ月頃から。泣くほどではない
健康面 アトピーあり。他は元気。 アトピーあり。たまに鼻水が出る程度
かんしゃく なし なし
いたずら なし かなりあり。ダメなものは止めれば諦める。

怖いのは、イヤイヤ期はどうなるか分からない という点です。

まだ時期が来ていないので全く予想もつきません。

その頃には「育てやすかった息子、魔の2歳児で大変身」などという記事を書いているかもしれませんね。

また、夜泣きは生後6ヶ月頃から1歳半頃までというのが一般的ですが、中には 2歳から夜泣きが始まった という例もあるのでまだ安心はできません。

関連記事:育てやすい子、育てにくい子のその後。成長すると変わるのか、それともそのままか

育てやすい子には発達障害があるかもという説

もう1つ心配なのがこちらです。

以前別の記事でも書きましたが、育てやすさは発達障害から来るものもある という説があります。

育てやすい=発達障害、というわけではありません。

例えば後追いをしないとか夜泣きをしないとか、ママにとって負担の少ない特徴が、実はママに愛着がないからだったとか睡眠障害(過眠)があるからだったとか、そういう事例があるようです。

関連記事:育てやすい赤ちゃんには発達障害や軽度知的障害があるかもって・・・本当?

関連記事:1歳半健診に引っかかった体験談。理由は「言葉の遅れ」でした。

1歳3ヶ月では、発達障害があるかどうかまだ分からない

発達障害は小さいうちは診断がつかず、早くても1歳半検診の時であることが多いです。

1歳半検診ではそれも「確定診断」ではなく「もしかしたら」レベルです。

確定診断は発達障害の種類や程度によって異なるため、何歳までに指摘がなければ安心、ということはありません。

発達障害の現れ方は、障害自体の程度に加えて本人の性格も影響してくるため、障害の特徴が強くなってくる年齢にならないと診断はできないとされています。

そのため、現在1歳3ヶ月の息子に発達障害があるかどうかは現時点では何とも言えません。

アスペ疑いありの私と息子の赤ちゃん時代は似ていない

診断は受けていませんが、私自身に アスペルガーの気がある とうっすら思っています。

息子には遺伝していないといいなと思いますが、こればっかりは何とも。

ただ、下記のリンクに詳しく書いていますが、息子の赤ちゃん時代は私の赤ちゃん時代とは全く違います。

私は 育てにくい 赤ちゃんでした。

関連記事:発達障害の症状は赤ちゃんにも出る?アスペルガーの疑いありの私は、こんな赤ちゃんでした。

まとめ:育てやすい赤ちゃんだった息子の1年後

息子はまだ1歳3ヶ月なので、本格的に手ごわくなってくるのはこれからかもしれません。

しかし、新生児期から1歳3ヶ月までの間は、相性もあると思いますが育てやすかったです。

育てやすい赤ちゃんだった息子の1年後(1歳3ヶ月)

夜泣き → しないまま

離乳食 → 何でも食べる

後追い、人見知り → 人並み

性格 → ニコニコのまま

大きくなって育児が大変になってきても、自分の子であることには変わりありません。

もちろん何事もなく元気に育って、できれば育てやすい子だと親としてはありがたいですが、そうじゃないからと言って育児をやめるなんてことはありませんよね。

この先どのように成長していくのかは分かりませんが、どなたかのお役に立てればと思い記事を書きました。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ