流産、科学流産、稽留流産、死産の違い。原因や自覚症状など。

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「流産、科学流産、稽留流産、死産」です。

待望の赤ちゃんがお腹にやってきてくれても、妊娠生活はまだスタートしたばかりです。

初期の頃は特に、検査薬で陽性反応が出ても科学流産してしまうことは珍しくありません。

私は高度不妊治療を経てようやく妊娠しましたが、「赤ちゃんができた!」という喜びの次にやってきたのは、「何週になれば安心できるんだろう」という不安でした。

妊婦さんは皆、多かれ少なかれそういった不安と戦っていることと思います。

今回の記事では、私が妊娠中に不安にかられ、何度も調べた「流産」についてお伝えします。

関連記事:妊婦が風疹にかかるとどうなるの?麻疹との違いは?

流産について

流産とは

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が終わってしまうことを言います。

後述する科学流産稽留流産も、流産の中に含まれます。

また、流産は状態により進行流産完全流産に分けられます。

進行流産:子宮の内容物を体外に出すため子宮が収縮しており、流産が進行し止められない状態

完全流産:進行流産の後、子宮の内容物が全て体外に出た状態

流産の自覚症状は、腹痛出血です。

腹痛や出血があっても特に問題がないことも多いですが、おかしいなと思ったら受診することをおすすめします。

関連記事:早産は後遺症が残る?生存率や障害のリスクについて、時期別に解説します

流産の原因

流産の8割以上は、妊娠12週未満に起こります。

妊娠12週未満の流産を初期流産と言いますが、初期流産の原因はほとんどが胎児の染色体異常によるものです。

妊娠12週以降の流産は後期流産と言われ、全体の流産数から見ると2割以下です。

後期流産の原因となるものは、染色体異常によるもの以外にもいくつかあります。

子宮頚管無力症:子宮頚管が開き、妊娠が継続できなくなってしまう

子宮筋腫:筋腫が血管を圧迫することで栄養供給が滞り、血流も悪くなるため子宮収縮が起き流産となる

激しい運動、ストレス:日常生活の範囲を超える運動やストレスで流産が引き起こされることもある

科学流産について

科学流産とは

科学流産は、受精卵が着床した後、早い段階で起こる流産です。

時期としては、生理予定日の数日前から生理予定日1週間後くらいに起こります。

そのため、検査薬でチェックをしていない限りは生理と区別がつかないことがほとんどでしょう。

生理予定日から1-2週間(妊娠5-6週)すると、超音波で胎嚢(たいのう)が確認できるようになります。

胎嚢が確認できる、妊娠5-6週より前の流産を、科学流産と言います。

科学流産の原因は?

科学流産の原因は、その多くが受精卵の染色体異常によるものです。

原因が特定できないこともあります。

しかし、ママが何かをしたから科学流産になるということはありません。

科学流産は、転んだとか上の子がお腹にぶつかったとか、そういったことが原因で起こることはないので自分を責めないようにしましょう。

科学流産を予防するには

原因の多くが染色体異常によるものなので、直接的な予防法はありません。

ただ、「お腹の赤ちゃんを健康に育てる」という観点から、健康的な生活を送ることが大切だと言えるでしょう。

暴飲暴食を控え、バランスの取れた3食にする

負荷の大きすぎない適度な運動をする

早寝早起きをして規則正しく生活する

タバコはやめる

お酒は飲みすぎないようにする

稽留流産について

稽留流産とは

稽留流産は、流産の一種です。

科学流産とは異なり、妊娠8週以降、心拍が確認できた後に起こる流産です。

胎児が出てきてしまういわゆる流産とは違い、胎児がお腹にいるので、検診で見てもらうまで分からないことも多くあります。

検診で、前回以前に心拍が確認できていたにもかかわらず心拍がない場合、稽留流産と診断されます。

稽留流産も、科学流産と同じく原因は胎児の染色体異常によるものがほとんどです。

稽留流産の自覚症状

胎児や胎盤といった子宮の内容物が残ったまま胎児が死亡してしまうのが稽留流産なので、お腹の中にそれらが残っているうちは自覚症状がないことがほとんどです。

しかし時間が経つにつれ、胎盤がはがれるなどして進行流産になることもあります。

その際の自覚症状は、腹痛出血です。

稽留流産は手術が必要?

手術をするかどうかは、稽留流産が起こった週数と医師の見解によって異なります。

週数が早く、既に流産兆候の出血が始まっている場合は、そのまま自然に排出されるのを待つこともあります。

しかし胎児がある程度大きくなっていたり、流産兆候がなかったりする場合は手術を勧められることが多いようです。

亡くなった胎児が長期間お腹に残ったままだと、子宮内で感染を起こしたり、進行流産による大量出血を引き起こしたりする可能性があるためです。

死産について

死産とは、妊娠12週以降に亡くなった胎児を出産することを言います。

流産妊娠が継続できないこと死産死亡した胎児を出産することで、意味が少しだけ違います。

妊娠22週までに妊娠が終わってしまうことを流産と言い、妊娠12週以降の死児の出産を死産と言います。

死産の原因

死産の原因はさまざまです。

原因が特定できないこともあります。

常位胎盤早期剥離

妊娠中に、胎盤が子宮から剥がれてしまうものです。

胎盤が剥がれると、胎児への血液の供給ができなくなるため、3-5割の確率で死産になると言われています。

子宮内胎児発育不全

胎児の成長が遅れたり、止まったりするものです。

原因としては染色体異常妊娠高血圧症候群などがあります。

臍帯過捻転

へその緒のねじれが強すぎて胎児に栄養が届かなくなり、死産に至る場合があります。

また、へその緒が胎児の首に巻きつく臍帯巻絡による事故もまれにあります。

まとめ:流産と死産

流産や死産は、決して他人事ではありません。

病院で胎嚢確認ができた赤ちゃんのうち、15%程度は流産になってしまうと言われています。

染色体の異常が原因であることが多いので、予防するのも難しいですよね。

妊婦さんに今できることは、お腹の赤ちゃんがよい環境で育っていけるよう、食生活や生活リズムを整えることです。

腹痛や出血など、不安なことがあれば放置せず、必ず産婦人科を受診するようにしましょう。

何よりもまず、身体を大事にしてくださいね。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする