夫婦一覧

もし夫と死別したら。準備しておけるお金、もらえるお金を知っておこう。

死別なんて絶対したくない!考えただけで涙が出てくる!という可愛い奥様も大勢いらっしゃるでしょう。でも、何が起こるか分からないのが人生です。子どもがいればなおさら、夫がいなくなった後もしっかり生きていかなければいけません。そのために、どんな準備ができるのか、社会保障からどういうものを受け取れるのか、事前に知っておいて損はありません。 

【結婚相手】同僚や同級生と結婚すると失敗が少ない3つの理由

誰と結婚しても、問題が起こる時は起こります。しかし、同僚や同級生は根本的な価値観が近いことが多いので、価値観の相違による摩擦が発生する確率が低いです。もちろん同僚の中でも、気が合う合わないはあるでしょう。でも、高校大学や職場はある程度近い人種が集まるので、逆に言えば気が合うかどうかだけで相手を選べるんです。

共働き(家事育児は妻)を希望する男性心理について考える。

「専業主婦?冗談だろ働けよ」と言ったその口で、様々な言い訳を駆使して家事をしない男性は存在します。悪意はなくても、夫が低収入かつ激務では、女性が働きつつ家事を全部しないと生活が回らないこともあるでしょう。このパターンが多すぎるから、女性は「共働きが当たり前」と口にする男性を警戒し、イラッとしてしまうのです。

【専業主婦希望者必見】共働き希望の夫から専業主婦を勝ち取った話。

昨今は共働き家庭が多く、男性の大多数が共働きを望んでいます。しかし、家事分担や妊娠出産、果てはセクハラマタハラなど、共働きは女性側に負担がかかることが多いです。お互い共働きを希望していて家事も育児もしっかり分担できるカップルは素晴らしいですが、悲しいことに少数派です。

子どもが欲しいのか自分でも分からなくて迷っている人へ。

世間的には妊娠出産=無条件でおめでたいことという扱いですが、実際 産んで育てる 身の女性としては、なかなか踏ん切りがつかないこともあると思います。●母親に対する要求水準の厳しさ●妊婦や子連れの母親は迷惑扱い●家事育児をしながら女性も働くべきという圧力。私は26歳で同級生の夫と結婚し、不妊治療を経て33歳で妊娠しましたが、不妊治療を始めるまでは上記の点で相当悩みました。

夫の体調悪いアピールへの対処法。

男性がどういう心理で具合悪いアピールをするのかについて考えてみたいと思います。体調悪いアピールをする人も、どこかがちょっと痛かったり、だるかったりすることは嘘ではないと思います。ただ、そのくらいのだるさは皆が抱えていていちいち言わないだけで、言わないから元気いっぱいというわけではないということに気がついていないのです。

専業主婦になって思うこと。今後の見通しや不安について。

1990年代半ばに共働き家庭の数が専業主婦家庭の数を上回って以来、その差は広がる一方です。2018年現在、女性の育児休暇の取得率は8割を超えています。今後もこの傾向は続いていくでしょう。さて、このような世の中で、私は専業主婦です。理由はいくつかありますが、飾らずに本音を言うと、一番大きいのは外で働きたくないからです。