家計一覧

もし夫と死別したら。準備しておけるお金、もらえるお金を知っておこう。

死別なんて絶対したくない!考えただけで涙が出てくる!という可愛い奥様も大勢いらっしゃるでしょう。でも、何が起こるか分からないのが人生です。子どもがいればなおさら、夫がいなくなった後もしっかり生きていかなければいけません。そのために、どんな準備ができるのか、社会保障からどういうものを受け取れるのか、事前に知っておいて損はありません。 

繰上げ返済のメリットとデメリットを徹底比較!得なのはどっち?

繰上げ返済をするかどうか考える時に大きな基準となるのは金利です。金利が高ければ高いほど繰上げ返済により総支払額が減るので、現金が減るというリスクを負っても繰上げ返済するメリットがあります。逆に金利が低ければ、繰上げ返済をしたところで特に利点はないため、メリットのない先払いにしかなりません。 

【災害備蓄】乳幼児がいる家庭で、本当に役に立つ備蓄方法まとめ。

ネットで「防災バッグ」と検索すると、数万円のものがいくつも出てきて尻込みしてしまうかもしれません。でも、これは必要経費として割り切って、予算をきちんと取って購入しましょう。防災バッグは絶対に必要です。もちろん、一通り入った既製品の防災バッグではなく、必要なものを自分で揃える方法でも問題ありません。 

貯金ができない人必見!確実にお金が溜まる方法を教えます。

お金を貯めるには、努力と忍耐が不可欠です。しかし私も含めて人間は自分に甘いので、「このくらいなら使ってもいいかな」とついズルズル浪費してしまいがちです。そこにストップをかけるのが先取り貯金です。できれば「ここには絶対手をつけない」という口座を1つ作って、そこに少しずつでも貯めていきましょう。

持ち家と賃貸はどちらがお得?それぞれのメリットとリスクについて。

持ち家と賃貸、それぞれの大きな特徴はこちらです。●持ち家:権利と義務がセットでついてくる●賃貸:保証がない代わりに自由。どこかで聞いたような感じですね。結婚と恋愛、あるいは正社員と派遣社員のようなイメージが近いかもしれません。これらを念頭において、以下で詳しく見ていきます。

【年収600万】我が家の住宅ローン事情を大公開!返済6年目の現実。

年収600万でローン残2100万、月々の支払いは10万という現状ですが、日々節約を意識しながら質素に生きています。子どもは一人っ子予定なので、贅沢しなければ多分おそらくやっていけるかなという感じです。初期の500万繰上げ返済とローン借換えにより返済期間を9年縮めたこと、頭金、外構、火災保険などある程度現金で先払いをしたことで、多少の余裕ができています。

住宅ローンの基礎知識。借入れ、返済、破綻しないための方法をお伝えします。

余裕のある返済のために必要なのは、次の二点です。●ゆるめの返済条件にしておき、余裕が出来たら繰り上げ返済(追われるより追うの精神)●支払いが滞った場合のセーフティネットを用意しておく。この二点を満たすためにオススメの方法をご紹介します。①ボーナス払いは組まない②共働きでも、できれば夫の収入だけで返せる額にする

【年収600万】専業主婦家庭の家計を大公開!貯金やローンなど包み隠さずお伝えします

今回のテーマは「年収600万で専業主婦」です。日々の生活の実感は「苦しくはないし将来の見通しもある程度立つが、節約は欠かせない」といったところです。我が家のプロフィールは、夫婦と子1人、都内に日帰りできる距離の田舎在住、車必須、夫はサラリーマンです。それではさっそくお伝えしてまいりましょう。

専業主婦になって思うこと。今後の見通しや不安について。

1990年代半ばに共働き家庭の数が専業主婦家庭の数を上回って以来、その差は広がる一方です。2018年現在、女性の育児休暇の取得率は8割を超えています。今後もこの傾向は続いていくでしょう。さて、このような世の中で、私は専業主婦です。理由はいくつかありますが、飾らずに本音を言うと、一番大きいのは外で働きたくないからです。