帝王切開には種類がある?術後の痛みや傷跡の違いを徹底解説!

こんにちは、みや(@miya_second)です。

今回のテーマは「帝王切開の種類」です。

近年は帝王切開で出産する妊婦さんが増えており、約5人に1人が帝王切開で出産しています。

私も帝王切開で出産した1人です。

楽だと思われがちな帝王切開ですが、開腹手術ですから体への負担は大きく、特に術後の痛みは悶絶ものです。

さて、そんな帝王切開ですが、手術にはいくつか種類があることをご存知ですか?

今回は、帝王切開の種類とそれぞれの特徴についてお伝えします。

関連記事:和痛(無痛)分娩体験談!麻酔がなかなか効かず悶絶→最後は帝王切開

関連記事:帝王切開体験談!手術中の痛みや吐き気は?意識はあるの?

緊急帝王切開と予定帝王切開

緊急帝王切開とは、分娩中に急遽決まった帝王切開

緊急帝王切開 とは、経膣分娩で進めていたお産が何らかの理由でそのままでは危険と判断され、急遽帝王切開になった場合をいいます。

危険と判断されるケース

・お産が長引いて産婦さんの体力が持たない

・へその緒が赤ちゃんの首に巻きついているため出てこられない

・赤ちゃんの心拍が落ちている

など

予定帝王切開とは、もともと予定されていた帝王切開

予定帝王切開 とは、妊娠経過などから経膣分娩は危険と判断され初めから帝王切開で出産に挑むものをいいます。

予定帝王切開になることが多いケース

・以前帝王切開で出産をしている

・逆子

・赤ちゃんの頭が母体の骨盤よりも大きい

・前置胎盤(子宮口が胎盤で塞がれているため)

・多胎妊娠

など

縦切開と横切開

さて、前項で緊急帝王切開と予定帝王切開についてお伝えしましたが、切開方法も2種類あります。

おへそ下から縦に切る縦切開と、おへそ下10cmあたりを横に切る横切開です。

縦に切るか横に切るかですが、痛みや傷跡など、色々違いがあります。

詳しく見ていきましょう。

帝王切開 縦切開の特徴

縦切開の特徴は、以下の3つです。

・手術に時間がかからない

術後の痛みが少ない

傷跡が目立つ

手術に時間がかからない

縦切開は、横切開に比べて手術が短時間で済みます。

そのため、娩出を急ぐことが多い緊急帝王切開では、縦切開の可能性が高くなります。

縦切開の方が時間がかからない理由は以下の通りです。

子宮の中から赤ちゃんを取り出すためには、お腹の皮膚だけではなくお腹の筋肉(以下腹直筋)も切る必要があります。

腹直筋は縦方向に筋目があるため縦切開することが多いので、皮膚を縦に切っていればそのまま腹直筋の切開に進むことができます。

しかし皮膚を横に切っている場合、皮膚を切った後、「皮下脂肪と筋膜、または筋膜と腹直筋を剥がす」という処置が入るので、その分時間がかかります。

術後の痛みが少ない

これは、手術の際「筋膜を剥がす」ことをしていない分、体内の傷が少ないためです。

傷が多ければ多いだけ、痛みも強くなります。

傷跡が目立つ

縦切開の場合、おへそのすぐ下から傷が始まっているので、下着やビキニから傷が見えてしまいます。

また、縦切開は傷跡がケロイドになることが多いです。

理由は解明されていませんが、皮膚が折り畳まれる部分(=皮膚の皺)を横切る傷はケロイドになりやすいということが分かっています。

帝王切開 横切開の特徴

横切開の特徴は、以下の3つです。

手術に時間がかかる

術後の痛みが強い

傷跡が目立たない

手術に時間がかかる

横切開の弱点は、手術に時間がかかるところです。

そのため、一刻も早く胎児を取り出す必要がある場合には不向きです。

縦切開は皮膚も皮下脂肪も腹直筋も、全て縦に切るので手術は比較的スムーズです。

しかし横切開の場合、皮膚は横切り、腹直筋は縦切りです。

皮膚-皮下脂肪-筋膜-腹直筋はくっついているので、お腹の表面を横に切ったら「皮下脂肪と筋膜」または「筋膜と腹直筋」を剥がして、それから腹直筋を縦に切ります。

その分どうしても時間がかかります。

術後の痛みが強い

術後の痛みが強いことも、横切開のマイナスポイントです。

横切開には、縦切開にはない「皮下脂肪と筋膜、または筋膜と腹直筋を剥がす」という処置があります。

縦切開と比べて体内の傷が大きいので、痛みが強くなります。

関連記事:【痛い】帝王切開の術後経過。少しでも楽に過ごすためのポイント4つ

傷跡が目立たない

横切開の強みは傷跡が目立たないことです。

切る場所はおへその下10cmくらいで、下着で隠れる位置なので「傷が見えるから水着が着られない」ということはありません。

かがんだ時に出来るお腹の皺と馴染むので、数年経って傷が白っぽくなってくればほぼ分からなくなることもあります。

また、傷がお腹の皺と平行(=皺を横切る傷ではない)なので、傷自体もケロイドになりにくいと言われています。

関連記事:【術後1年の画像あり】帝王切開の傷跡はきれいに治る?傷跡ケアの方法は?

縦切開と横切開の違い まとめ

傷跡が目立たないかどうかだけで考えれば、横切開のほうが見た目はきれいです。

しかし、病気ではないとはいえ手術には違いないので、状況によっては選択の余地なく縦切開ということも往々にしてあります。

緊急帝王切開

・経膣分娩中に、何らかの理由で急遽帝王切開となったものをいう

・母体と赤ちゃんに余裕がないことが多いため、時間のかからない縦切開となりやすい

予定帝王切開

・逆子や前置胎盤などの理由で、当初から帝王切開と決まっているものをいう

・日を決めて計画的に行うので、希望すれば横切開になることが多い

縦切開の特徴

・手術に時間がかからない

・術後の痛みが少ない

・傷跡が目立つ

横切開の特徴

・手術に時間がかかる

・術後の痛みが大きい

・傷跡が目立たない

帝王切開で出産する皆様の手術の成功と、産後の回復をお祈りしています。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする