妊娠中に葉酸が必要な理由。葉酸って何?不足すると何が起きる?

こんにちは!ママブロガーのみやです。

今回のテーマは「妊娠中に葉酸が必要な理由」です。

妊娠すると、葉酸をきちんと摂取するように指導されます。

普段の生活ではあまり気にすることのない栄養素ですが、本来は妊娠前からとるのが理想とされています。

葉酸とは何でしょうか。

何に含まれていて、どのように摂取すればいいのでしょうか。

そして葉酸が不足すると、何が起こるのでしょうか。

今回は妊婦さんがよく耳にする葉酸について、詳しくお伝えします。

関連記事:妊婦が風疹にかかるとどうなるの?麻疹との違いは?

葉酸とは

葉酸とは、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンです。

熱に弱く、水に溶けやすい性質を持っています。

葉酸のはたらき

赤血球の生産を助ける(足りないと貧血を起こす)

細胞の生産や再生を助ける

この2点から、体の発育に重要なビタミンと言われています。

葉酸は細胞の分裂や成熟に大きく関わるため、特に一から体を作っているお腹の赤ちゃんには必要不可欠な栄養素です。

上記以外にも、動脈硬化の予防粘膜を保つなど、健康維持に欠かせません。

葉酸は何に含まれている?

葉酸は、葉物野菜緑色の野菜に多く含まれますが、野菜以外の食品にも幅広く含まれています。

葉酸を多く含む食品は以下の通りです。

野菜

ほうれん草

ブロッコリー

アスパラガス

春菊

枝豆

かぼちゃ

えのき、エリンギ、まいたけなど

果物

いちご

アボカド

マンゴー

肉、魚など

ほたて

うに

いくら

レバー

卵黄

その他の食品

納豆

海苔

ひよこ豆

関連記事:妊娠中に食べていいもの、悪いものまとめ。禁止されている理由はコレだった

効果的な摂取方法

葉酸は熱に弱いため、加熱すると壊れてしまいます。

でもそうは言っても、ほうれん草、ブロッコリー、枝豆、春菊など、これらを生で食べるのは辛いですよね。

果物はそのまま食べられますが、糖分が多いのであまりたくさんはとれません。

ではどうしたらいいのかと言うと、厚生労働省サプリから葉酸を摂ることを推奨しています。

栄養素は食事から摂取するのが望ましくはありますが、妊娠中の女性は通常時の2倍の葉酸が必要とされています。

2倍も食べてしまったら明らかに栄養過多ですし、食品に含まれる葉酸はサプリに比べて吸収率が低いことが分かっています。

バランスのよい食事でまんべんなく栄養をとりつつ、葉酸はサプリで補うのがよさそうです。

女性の場合、通常時に必要な葉酸の量は1日240μg、妊娠中は480μgです。

480μgというとほうれん草1把かもう少し多いくらいです。

食べられそうな量ではありますが、調理法によっては葉酸が壊れてしまうので、やはりサプリを服用するのがオススメです。

サプリの容器に、妊娠初期には○粒、中期には○粒と書いてあるので安心です。

なお、葉酸の1日の摂取上限は1,000μgとされています。

ほうれん草なら2-3把、いちごなら50-100粒くらいなので、超えてしまうことはないでしょう。

ただ、レバーは100gで1,000μgの葉酸を含んでいます。

レバーには妊婦さんが取りすぎるとよくないビタミンAも含まれているので、レバーの食べすぎにはくれぐれもご注意ください。

摂取が必要な期間はどのくらいか

厚生労働省の発表では、妊娠1ヶ月から妊娠3ヶ月までとされています。

妊娠1ヶ月からではなく、妊娠1ヶ月からです。

葉酸を摂るのは胎児の先天性疾患を防ぐため(詳しくは次項に記載)ですが、妊娠に気づいた時には既に2ヶ月目に入っているため、妊娠判明してから摂取するのでは遅い場合があります。

それでも摂らないよりはずっといいのですが、できれば妊娠前から摂取した方がよいとのことです。

妊娠1ヶ月から妊娠3ヶ月までというのは胎児の先天性疾患予防のために必要な期間です。

ママ本人の健康のためには、出産後、授乳期までは普段の1.5倍の葉酸を摂った方がよいとされています。

妊娠中は、胎児に血液を送る分ママの血液が薄まり貧血気味になりますし、母乳の材料は血液です。

葉酸には赤血球を作る働きがあるので、授乳が完了する頃まで積極的に摂取しましょう。

妊娠初期に葉酸が不足するとどうなるのか

ここまで、葉酸の働きや摂取方法についてお伝えしてきました。

ではその葉酸が足りないとどうなってしまうのでしょうか。

妊娠初期に葉酸が足りていないと、胎児の脳や脊髄の発育に影響があり、二分脊椎症になるリスクが上がります。

二分脊椎症とは、脊椎の骨がうまく形成されずに起こる神経間閉鎖障害のひとつです。

症状が重いと、本来脊椎の中にある神経の束(脊髄)が脊椎の外に出てしまいます。

その結果、足が麻痺したり、膀胱や直腸の障害により排泄障害が起きたりします。

脳や他の臓器に影響が出る場合もあります。

海外では、妊娠初期に葉酸を摂取することで二分脊椎症の発生リスクが抑えられるという研究結果が報告されています。

それを受けて、日本でも2000年に都道府県を通じて若年女性に葉酸摂取を推奨しました。

ところが日本国内では、二分脊椎症の発生頻度は下がっていません。

その理由は、葉酸摂取の必要性の認知度が低いためと見られています。

まとめ:妊娠中の葉酸摂取

妊婦さんが葉酸を摂取することで得られる効果は、主に以下の2つです。

二分脊椎症のリスクを低減させる

貧血予防

葉酸サプリはドラッグストアやネットショップで手軽に購入できます。

葉酸を多く含む食品

野菜:ほうれん草、春菊、ブロッコリー、枝豆、きのこなど

果物:いちご、アボカド、マンゴーなど

肉、魚:レバー、ほたて、いくら、うに、卵黄など

その他:納豆、海苔、ひよこ豆など

葉酸は食物からの摂取だけでは推奨量に届きにくく、吸収効率も悪いためサプリメントの服用が推奨されています。

しかし葉酸と鉄分を除く他の栄養素は、基本的にサプリメントより食物から摂取する方が望ましいようです。

サプリはあくまでも葉酸の補助と考えて、毎日の食事からしっかり赤ちゃんに栄養を送ってあげましょう。

お読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
みや

みや

不妊治療の末、2017年に男の子を出産。 タイミング法→人工授精→顕微授精のフルコース。 妊娠・出産・育児を通して、自分が知りたかったこと、調べていたことを発信しています。 どなたかのお役に立てますように。 不妊治療/顕微授精/無痛分娩/完ミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする